看護師 健診センター

健診センターの仕事内容と看護師の役割

ご存知の通り、健診センターの仕事内容は他の医療機関と大きく異なります。当然、看護師に求められる役割も異なります。健診センターではどのような仕事が必要で、どのような役割が求められるのでしょうか。

 

健診センターは、文字通り健診を行う医療機関に当たるので、それに伴うお仕事が求められます。具体的には問診・身体測定・視力検査・聴力検査・採血・血圧測定・検査介助・心電図などです。採血や血圧測定はほぼ全ての健診センターで求められる仕事になります。

 

それ以外は、健診センターにより異なるほか、健診の内容によっても異なります。これらの業務を院内で行うこともあれば、移動車両にのり出張健診を行うこともあります。看護師に求められる役割は、「お客様」を接遇し、円滑に健診を進めることになります。

 

健診センターには様々な方がやってきます。忙しい方も多いので、正確な仕事と適切な接遇が求められます。これらがどの程度まで求められるかは、勤務する健診センターにより異なります。「患者様」ではなく「お客様」に対する接遇が求められるので、これまで病棟やクリニックで勤務してきた方には意識の転換が求められるかもしれません。

 

健診センターの仕事内容と看護師に求められる役割は以上になります。一般には働きやすい勤務先といわれますが、なんとなく楽そうというイメージだけで選ぶと後悔することがあるかもしれません。

 

以上の仕事内容と役割を理解したうえで看護師求人を探しましょう。健診センターの看護師求人は、看護師求人サイトの非公開求人に多く登場します。無料の利用登録を行い、看護師求人情報を集めるとよいでしょう。

 

健診センターに強い看護師転職サイト