看護師転職 健診センター

健診センターで働くデメリット

一般に、健診センターは多くの看護師にとって働きやすい勤務先といわれています。業務内容が限られているうえ、残業や休日出勤が少なく、夜勤がないためこのように言われるようです。

 

確かに、このような勤務環境は、病棟での勤務に疲れた方や仕事と家庭を両立したい方には働きやすいといえるでしょう。しかし、健診センターで働くデメリットがないわけではありません。健診センターの看護師求人をお探しの方は、デメリットを理解したうえで応募するようにしましょう。

 

健診センターは業務内容が限られているので働きやすい職場といえます。逆に言うと、決められた業務が中心になるのでやや単調な「作業」になりがちです。「作業」と表現をした理由は、一日で沢山の数をこなさなくてはならないことがあり、お客様(患者様)とのかかわりを持ちにくいからです。

 

毎日の業務は張り合いがありますが、看護師のキャリアアップを考えると、やや物足りなさを感じるかもしれません。しかしながら、健診をスムーズに進行するため、毎日の業務には高い集中力が要求されます。このような環境ではありますが、看護師としての役割を全く見出せないわけではありません。

 

お客様との短き関わりの中で健康に対する働きかけを行うこともできます。病棟ほど深いかかわりはできませんが、工夫次第で意欲的に働くことが可能です。

 

以上のように、働きやすいといわれる健診センターにも多少のデメリットは存在します。メリットと表裏一体ともいえる部分なので、健診センターで働く理由を考え検討してみるとよいでしょう。

 

デメリットを理解したうえで、健診センターの看護師求人を探したい方は、看護師求人サイトをご利用になるとよいでしょう。看護師求人サイトの非公開求人には健診センターの看護師求人が集まりやすいといわれています。コンサルタントに相談をすれば、希望する条件の健診センターを紹介してくれるはずです。まずはこちらから転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

健診センターに強い看護師転職サイト