看護師転職 健診センター

健診センターと病棟看護師の違い

病棟勤務をする看護師さんにとって、健診センターは魅力的な転職先に映るはずです。働きやすいといわれる健診センターですが、病棟勤務とどのような違いがあるのでしょうか。その点について詳しく解説いたします。

 

健診センターと病棟を比較すると、対象が異なることがわかります。健診センターでは、主に健康な方を対象に検査しますが、病棟では治療の必要がある方を対象に看護します。治療の必要がある病棟では患者様として扱いますが、検査時点では治療の必要がない健診センターではお客様として扱います。

 

そのため、病棟に比べると高いレベルの接遇が求められます。同じく、病棟では一人一人の患者様に合わせた看護・治療が行われますが、健診センターではほぼ共通した項目に従い検査を行います。そのため、健診センターでは決められた業務を正確に早く行うことが求められます。

 

それほど難しい手技が求められることはありませんが、たくさんの検査を行うため、特定の手技に対して高い技術が求められることがあります。業務時間を比べると、病棟では救急で搬送された方への看護など不測の事態が起こりやすいため残業が多くなります。対する、健診センターは予約制になるので残業が発生することは少ないといえます。

 

健診センターと病棟を比較すると以上のような点で異なります。これらを比較すると、なぜ健診センターが働きやすいといわれるかわかるはずです。もちろん、病棟には病棟の魅力がありますが、健診センターには病棟にない魅力があります。

 

以上を比較して健診センターに興味を感じた方は、転職を検討してみてはいかがでしょうか。しかし、健診センターの看護師求人は人気が高く、数が少ないといえます。確実に転職を行いたい方は、3つ程度の看護師求人サイトに登録をして、幅広い情報を集めた方がよいでしょう。

 

まずは無料の利用登録から始めてみてはいかがでしょうか。

 

健診センターに強い看護師転職サイト